Saab Life
愛車Saabのように「我が道を行く!」的ブログ
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
とうとう、交換しちゃいました!
2009/12/29 22:53 [Tue]
category:Saab
10日ほど前の事ですが・・・
きっかけは、ぶらりと入ったオート○ックス・セコハン市場・・・
店内を散策していると、6×9インチのスピーカーを発見!
これって・・・
店内のお兄さんを捕まえて、ちょいと聞いてみました。(しばし、店員さんとのやりとりをどうぞ・・・)

私:『これって・・・自分の車に取り付くか確認したいんですけど・・・』
店員さん:「車は、何ですか?」
『サーブです』
 「サーフですか~?」---おいおい!お決まりかよ(^_^;)
『いえいえ、サーブなんですけど・・・2001年式のナインスリー』
 「あぁ~・・・ちょっと調べてみますね」---SAAB知らねぇんじゃないのか?(__;)
って、事でアルパインの“車種別取り付け情報”のページで寸法確認してもらいました。
 「取り付きますよ!どうされます?」
『サイズが6×9インチなら、どんなのでも付くんですか?』
 「おそらく大丈夫だと思いますよ。ただ、このサイズのはなかなか出ませんねぇ~・・・これは、たまたま入ってますけど・・・次は、いつになるか・・・」
『う~ん・・・けど、高いからなぁ~・・・いつかまた入荷するでしょ・・・』
 「あぁ~、この値段・・・ 確か・・・今、安くなってる筈ですよ。ちょと待って下さいね。」
 「14,000円って書いてありますけど、今は、10,500円ですね~」

・・・で、買っちゃいました!(^◇^;)
はたして、これが お買い得だったのかどうかは分かりませんが・・・
↓DIAMONDのM391iっていうモデルです。
diamondスピーカー
購入当日は、時間も遅かったので、とりあえず簡単に取り付くかどうかを確認してみました。
スピーカーカバーを取り外し、純正スピーカーを外して、新しい(古いけど)スピーカーをセット!
取り付け孔位置は合う様だけど、底当たりしてこのままじゃ取り付けられません・・・ほんの数ミリなのに・・・(×_×)

ガックリしながら、純正スピーカーとスピーカーカバーを元に戻す事に・・・
ガックリきてたせいで、手元が狂って、スピーカーカバーを止めてたビスを穴に落としちゃいました!!
 ↓穴・・・
リアスピーカー孔
後日、バッフルボードを造るべく200㎜×300㎜(5㎜厚)のMDF2枚、糸鋸、ピックアップツール(byダイソー)を用意!
まずは・・・↓ピックアップツールで!
ピックアップツール
って、何をするかというと・・・先日、穴に落としてしまったビスを取ろうかと思いまして・・・ (;^_^A
このピックアップツールっていうのは、先端に磁石が付いてて、隙間に入った物を磁石で取るっていうアイテムです。
まぁ~、はなっから取れるとは思っていませんけど・・・ダメもとで・・・
ピックアップツールを、穴へ差し込んで2,3回グリグリとかき回してそぉ~っと持ち上げてみると・・・
先端に、ビスが付いてきましたよぉ~!!  (@o@)/捕ったどぉ~
なんとも、ラッキーでした。

さてさて、ここからはバッフルボードの製作です。
1.illustratorでバッフルボードの型を書いてカーボン紙を当ててなぞります。
2.外形と中央のくりぬき部分を罫書き線に沿って糸鋸でゴシゴシ切り落とします。(中央は、ドリルで穴を開けてから糸鋸を通してくり抜きます。)
3.ドリルでビス穴を明けます。
4.サンドペーパーで、切り落とし面を整えて、ひとまず完了。
バッフルボード1 バッフルボード2
取り付け部分に、チョット当てがってみると側面には、ほとんどスペースがない様で・・・現物合わせで罫書き線を入れて切り落としました・・・
後は、MDFが水に弱いと言う事ですので・・・
防水の意味で、有り合わせの塗料で塗装を行いました。
もったいないけど、以前フロントグリルに使ったボディーカラースプレーとクリアスプレー(アクリル塗料)を使用。
バッフルボード3 バッフルボード完成

次ぎに、純正スピーカーを接続しているコネクターを、根元で切断して、平型端子(メス)を付けました。
リアスピーカーコネクタ リアスピーカー接続
後は、スピーカーに平型端子を接続してバッフルボード越しに組み付けて完了です。
純正リアスピーカー diamondスピーカー完了

ラストは、CDを鳴らして音の確認!
いちばん変化を感じたのは、やはり低音です。
音の輪郭がハッキリした感じでリアに純正スピーカーを積んでた時との違いは歴然です。
見た目も違えば、音も全然違います!(当たり前か・・・(^^)b)

いやいや、ほとんど衝動買いから始まったリアスピーカーの交換作業でしたが、なんとか出来てホッとしてます。

と、言っても・・・実は、スピーカーカバーの内部とバッフルボードの一部が干渉してしまい現在カバーが少し浮いた状態で止まってるんです。(^_^;
今度、直さなきゃ・・・ A^^;

そうそう、今後気掛かりなのは、洗車後なんかにハッチバックを開けた際に丁度スピーカー部分に水が、したたり落ちてしまう事!
純正の時には、『仕方ないか・・・』なんて諦めてましたが、スピーカーを換えちゃうと今後は気になります。
ハッチバック開ける時は、気を付けねば!(-_-)b

スポンサーサイト
SAABが消滅!!
2009/12/19 22:27 [Sat]
category:Saab
下記は、NIKKEI NETのサーブ関連記事です。

 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は18日、グループのサーブ(スウェーデン)の売却を断念したと発表した。これまでオランダの乗用車メーカーなどと売却交渉を進めてきたが、合意できなかったという。GMは今後サーブの事業を大幅に縮小する方向だ。
 GMは中国の自動車大手、北京汽車にサーブの一部設備を売却することで合意している。同契約については「今回の決定の影響を受けることはない」として、売却を進める方針という。
 サーブは2月に企業再生法の適用を申請し、事実上、経営破綻した。8月にはスウェーデンの高級車メーカー、ケーニグセグへの売却で合意したが、11月末に破談となった。その後もオランダの乗用車メーカー、スパイカー・カーズと売却交渉を進めてきたが、「資産評価の段階で合意できなかった」(GM)という。GMは、サーブユーザーへの部品供給などは続けるが、事業については大幅に縮小していくとしている。

一時は、ケーニグセグが売却先となり、いつの日か超魅力的なSAAB車が発表されるものと、ワクワクしたりもしました・・・
その反動もあり、SAABブランドが無くなってしまうというのは、やっぱりショックです。
(けして、商売上手なメーカーではありませんが、素晴らしい車を生み出しているのに・・・)

これまでも、希少性の高いSAABでしたが、今後・・・希少性は上がる一方の様です。(まさに、絶滅危惧種!!)

しかし、唯一の救いは、文面の末尾に書かれた『サーブユーザーへの部品供給は続ける』と、いう部分です。
このニュースを知った時、『今の9-3を、大切に乗り続けるぞ!』と、心に誓う私がいたのは、言うまでもありません!

PS.先日、あるアイテムを衝動買いしてしまいました。この、アイテムの報告は次回アップします。(^_^)b
セルが回らない! その原因は・・・
2009/12/12 23:24 [Sat]
category:Saab
コレは先週の出来事ですが・・・
コンビニでホットコーヒーを買い、車に乗り込んで、キーを回したんですが、エンジンが始動しなかったんです。

2回、3回とキーを回しても、始動し無いどころか『カチッ!』っとも言わない・・・
バッテリーは、まだ新しいから問題ないはず・・・っていうか、セルが回ってないじゃん!
いったい何が起こっているのか理解できず、「コンビニの駐車場へ入って→車を停めて→エンジン切って→・・・」なんて、ちょっと前の出来事を回想してみたりしてみても・・・思い当たる事はありません・・・
とりあえず・・・何の根拠も無いまま、ドアを2,3回バン!バン!開け閉めしてから、再チャレンジ・・・
すると、キーを回して1発でエンジンが始動しました。
う~ん・・・何が起こったのか、さっぱり解んないけど・・・
こんな事もあるのかなぁ~・・・(稲川淳二風)
なんて思いながら、帰宅。

それから、2日ほどして銀行へ行った帰りの事・・・
銀行の駐車場で、また同じ事が!
おまじないの様に、ドアを2,3回開け閉めしてエンジンを始動すると、やっぱりちゃんと1発で掛かるんです。(-_-)b
あぁ~、コレってもしかして・・・
銀行の駐車場でボンネットを開くのは、なんだか不審人物に見られそうなので、しばらく走って空き地へ車を停めて見る事に・・・
一旦エンジンを停止してキーを回してみましたが、またセルが回りません。
ボンネットを開けてバッテリーの接続を見ると・・・やっぱり!
マイナス側のターミナルが緩んで、外れかかってました。(バッテリーカバーが無かったらヤバかったかも・・・)
結局、接触不良を起こして、ドアの開け閉めの振動で、うまく掛かっただけのようです。
トランクから工具を取り出して、ターミナルをしっかり固定!
コレで、もう大丈夫!(あれから5日間、常に1発でエンジンは始動し、良好です。)

ところで、何故ターミナルは緩んだのか?
実は、心当たりがあるんです・・・
最初に症状が出た日、オート○ックスでオイルとオイルフィルターを交換して、更に『クイック オープンボンネット点検』っていうサービスを受けました。
その帰りにコンビニへ寄って以降の症状でしたから・・・

『クイック オープンボンネット点検』には「オイル」「ATF」「バテリー」「エアーフィルター」「タイヤ」と、5つの項目があり、その内「ATF」「バテリー」「タイヤ」について点検されてました。(因みに点検結果は全てOK (^_^)b)
おそらく、このバッテリー点検時に緩んだか、締め忘れたのではないかと思われます。
まぁ~・・・とりあえず、大事じゃなかったのでホッとしました。

そうそう、オート○ックスでは、オイル交換の他にワンコインピットメニューで『エンジンルーム艶出し』してきました。
結果は↓
エンジンルーム艶出し
確かに、艶々テカテカしてます。
見栄えだけですが、とりあえず年暮れなので『綺麗になった感』が、あるので満足です。 (^_^)b

BOOKMARK

このブログをリンクに追加する

SAAB Movie

勝手にアンケート!

質問 勝手に愛車ランキング!
もちろんSAAB
フォルクスワーゲン
メルセデス・ベンツ
BMW
アウディ
BMW MINI
ボルボ
プジョー
クライスラー
フォード
アルファロメオ
上記以外の外車です
国産です

コメント



- アクセス解析 -

質問 SAAB車の印象は?
カッコイイ!
カッコ悪い・・・
センスがいい!
センスが悪い・・・
珍しい!
変だ・・・
高級!
安っぽい・・・
乗ってみたい!
乗りたくない・・・
その他(コメントお願いします)

コメント



- レンタルサーバー -

おすすめリンク

 iTunes Music Store(Japan)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。